日本空手松涛連盟
北海道本部サイト

日本空手松涛連盟 総本部へ

当団体について

当団体は、北海道の日本空手松涛連盟(JKS)に加盟する空手団体で構成されています。北海道内の松涛館流空手の指導・普及活動に注力し、空手道の発展に貢献できるよう鋭意努力しています。 また、日本空手松涛連盟は全日本空手道連盟(全空連)の協力団体である全日本空手道松涛館(全空松)の加入団体です。 全空松は松濤館流の各会派・組織の結束によって、空手道の普及と振興を図るとともに、空手道を通じて国民の心身の健全な発展に寄与することを目的として発足されました。

2017年 予定表

松涛連盟、全空連、全空松の大会やイベント情報を共有します。予定は変更される可能性がありますので、詳細は別途、ご確認をお願い致します。

Free HTML5 Bootstrap Template by FREEHTML5.co

松涛連盟とは?

「伝統武道の尊重」と「技術革新の追求」

「古典武道からの学び」と「世界動向に対応した技術革新」この新旧両極からの、技術の進化は全会員の共有財産で、講習会などを通じて松涛連盟の各支部、 そして会員たちに伝達されていきます。松涛連盟に所属する、日本各地、そして世界各国の支部長や指導者たちは、先人達が伝統的に築き上げてきた 「基本や型」を受け継いでいくとともに、さらには、現在、空手道のオリンピック化にむけてめまぐるしく変化する「競技の国際化」に対応した 「最先端の試合技術」を常に受け取り、それぞれの支部で、道場生たちに伝達していくことが出来るのです。